WordPressスクリーンショットプラグインBM Shots

BM SHOTS

URLとサイズを指定して、スクリーンショットを取得するプラグインですが、投稿にショートコードを入力すれば、簡単に取得出来る仕様になってます。
が、当サイトのようにギャラリーサイトになってると、過去投稿にすべて入力してかなければいけないので、生産的ではありません。
そこで、すべての投稿のカスタムフィールドにURLを入力してるので、それを利用してコード入力で取得させてみました。
自分のメモ的な意味も含めて投稿しときます。

入力したコードが以下です。

<?php $values = get_post_custom_values(“url”); ?><img src=”<?php $url = $values[0]; $width = 590; echo bm_mshot ($url, $width); ?>” alt=”スクリーンショット” />

簡単に言うと、カスタムフィールドのurlの値を$valuesに格納して、次のurlを指定するコードで呼び出してるって感じですか。
本家のサイトは以下になります。

BM Shots

先々のデザイン・レイアウト変更を見越して、投稿内容でいじってしまうと苦しいかなって人には、コードで処理するのがお勧めかと。

10月 7th, 2010 at Posted  tags: 

Leave a comment

Categories

Sponsor Links

Facebook Page




Archives

Comments

写真素材フォトリア